スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕の見ている風景」の感想‥‥【T.A.B.O.O】の巻

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんばんは

本日は、順不動でお送りしている「僕の見ている風景」の感想、第3弾となります!

ではでは早速♪

【T.A.B.O.O】 Vocal:Sho Sakurai

いやぁ~どうしましょうか皆様、タブーですよタブー
正直どうコメントしたらいいか分かりましぇ~~ん。
だってだってどピンクなんですもの‥‥‥ぐふふ

ニノちゃんの「Gimmick Game」を聴いた時も衝撃でしたけど、
今回はまさに翔撃!!

出会ったぁ~、いい曲に出会ったぁ~(@Wii Party)って感じ

攻めに攻めてくださいましたよ、櫻井家の翔さん

しかも、雑誌のコメントで「ハレンチ学園」って自分から言っちゃってますものねぇ~。

で、私の感想も暴走してしまいそうなので、自粛めで気を付けながら(笑)

インテリジェンスな翔くんの口から「貴方の香り指に残る」やら「蜂の巣の奥の蜜」やらとピンクなワードが出てくると、聴いてるこちらは、萌えて、悶えて、果てるしかございませんよぅ

もぉ~ぅ、翔さんいったい
私らをどうしたいんじゃぁ~~~~~~!!
と叫ばずにいられませんゼ♪

で、英語の歌詞も気になってきちゃうってもんで、英語が苦手な私は調べちゃいましたよ!うふふ
まぁ~アバウトな感じでしか翻訳はできませんでしたけどもね。
それでもハレンチな事は容易に理解できました

で、ベストな聴き方はやっぱり、イヤホンで大音量~♪

コレに尽きます!
だって、低音ボイスや「Tell me」のささやき声が耳元で‥‥‥
ウキャーーーー

ラップも最高!!
特に「蜜」の言い方ヤバすぎるぅ~~~~~!!

それとそれと、聴きながら道を歩いておりますと、なんだか攻撃的な感じで歩幅も大きめで歩いてしまうのは私だけでしょうか。

攻めの感じの曲調が、イケイケとは遠い私をも自然と堂々とさせると言うか、なんと言うか。

そうそう、まさに「エロカッコイイ」って言葉が合う気がしますこの曲

「T.A.B.O.O」を歌う翔くんに「エロカッコイイ」の称号を進呈したいなぁ~なんて(笑)

ちなみに、ニノちゃん松本さんも雑誌で一押ししてましたね♪

先ほどからリピートが止まらないし、今日は寝れそうにないなぁ~
スポンサーサイト

「僕の見ている風景」の感想‥‥【マダ上ヲ】の巻

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんにちは

それでは早速、アルバム「僕の見ている風景」感想、第2弾と参ります。

【マダ上ヲ】 Vocal:ARASHI

いやはや、タイトルからの私の想像を見事に裏切ってくれた曲です。
単純ですが、ポップな応援ソングだと想像しておりましたが、以外や以外。

そうきましたかぁ~な曲♪

勝手に想像する世界感は、アブラカタブラな「アラジン」。
で、歌詞からは「抑えきれない恋の逃避行」的なストーリーを連想します。

しかも季節は「真夏の夜」ですかねぇ~、ぐふふ

ドンドコ妄想が膨らみますので、自粛してこの辺に止めておきますが、まぁ~要はアダルトな雰囲気プンプンなので好きです私

アルバム全体を通して言える事ですが、嵐さん達、ホントに大人な歌が似合うようになりましたなぁ~♪
嬉しい限りです

曲調がエキゾチックで聴けば聴く程、歌詞のようにカラダが(リズムを)憶えてノリノリ~♪

翔くんのソロ部分(ラップ?)も今までと歌い方とか違って新しいし、GOOD

特に♪shadowなのの歌い方とか好きっ

個人的には妖艶さを前面にエキゾチックなダンスでガシガシ踊って頂きたいですな。
とにかく、こちらもどないな踊りを披露なさるのか楽しみ超です!!

ではでは♪

「僕の見ている風景」の感想‥‥【1992*4##111】の巻

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんにちは

ではでは早速、アルバム「僕の見ている風景」の感想を始めたいと思います!
曲順で感想を述べようかとも思ったのですが、やはりニノちゃん好きとしましては、彼の曲からで‥‥‥‥よろしいですかね?

【1992*4##111】 Vocal:Kazunari Ninomiya

まず、1992*4##111‥‥‥このタイトルを見た時、いったい何を表すのか私には全く分かりませんでした。
でも発表されるや否や、暗号を解読されるファンの皆様の素早さにマジ、ビックリ!

旦那様曰く、どうやら「ポケベル世代」にはピンと来るものがあるとか‥‥。

私もガッツリ「ポケベル世代」ですが、貧乏学生だったので当時所持した経験がありませんで、友達に数回打った事があるぐらいです。

なので、すぐに分かるはずないよぉ~と、少し悔しさを覚えてグチリつつ、私の嵐愛はまだまだな事が判明しました

で、すでにご存知の方が多いと思いますが、答えはau携帯で打ち込むと「ありがとう」になるとの事。

ほへぇ~ でございます。

タイトルとしてはシンプルですが、ホント、一筋縄ではいかない辺りニノちゃんらしい付け方ですな♪

そして、自身の誕生日を迎えてから作ったと言う、今回の曲。
なるほど、それできっと「ありがとう」なのねぇ~。

と、ここまでが私の知る、この曲に関する聴く前の情報です。

思い返せば6月17日になった瞬間、私は、自身のブログや多くのファンの方々とTwitterでニノちゃんの誕生をお祝いしておりました。

きっとニノちゃんも周囲の方々に沢山の「おめでとう」を言ってもらっていたのでしょうね。

その感謝とも言える気持ちが、いっぱい×2詰まった曲だと言う事が伝わって来ます。

聴くまでは「虹」のようなしっとり系なのかなぁ~なんて思っていましたが、イントロがPOP超♪
その曲調ですでに気持ちがハッピ~♪になって参ります

そして、冒頭の♪ヒントはそうだなぁ~の「そうだなぁ~」の歌い方がものすごく自然でセリフのように聴こえたもので、一瞬ドキリとしてしまいました

毎回ニノちゃんの詞はストレートに綴られているので、とても理解しやすくて、妄想や想像する景色がとっても鮮明!
言い換えれば、情景がめちゃんこイメージしやすい良曲♪

曲名が暗号な理由も実は歌詞でちゃんと説明されてて、今回も詞の全てから思いが伝わって来て感動です!

その中でも特にお気に入りな部分は「もしも僕にも子供が出来たら。迷わず最初にこれを教えよう‥‥。」の詞。
そんな風に考えているのね~と思うと、なぜか少々照れて来ちゃうのですが「はい、私も必ずそうしまーーーす!」と単純なので賛同しちゃいます

それと、「僕の人生最後の言葉は笑って言う、“1992*4##111”なんだ。」の詞には、そうであって欲しいし、自分もそうでありたいと心底願ってしまいます(笑)

そしてそして、じ~~~~~~んとしてしまうのが「ひとりでここまでやってきた訳じゃないから。」の箇所。

周りに支えられてここまできた事に感謝してるのかなって思うと、聴く度に胸がキュ~ンと締め付けられます。

ホントにこの方は 天才ですな
ホントにホントにホントにホントに、良い詞を書きなさる。

ニノちゃん、いやいや、二宮和也さん、今回もステキな曲のプレゼントに、こちらこそ「1992*4##111」でございますよ♪

歌声もステキで言葉も聞き取りやすいですし、ニノちゃん自身が作られる曲はその時の考えや思いをストレートに感じる事が出来るので、ファンには有り難~いコミュニケーションツールだと私は思います♪

なので、コンサートではこちらからの「1992*4##111」を頑張って伝えたいです!

う~ん、早くコンサートで会いたいなぁ~。
待ちきれんっ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。