スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ARASHI 10-11 TOUR】国立9/4 レポ5(コンサート後半)

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんばんは

とうとうやって来てしまいましたね‥‥‥。
今日は仕事がお休みなので、近くのコンビにへモロモロの雑誌をお迎えに♪
何ですかね~あの雑誌棚!
一瞬私の目が可笑しくなったのかと思う程に、一面ニノちゃん
顔・顔・顔~!

怪しまれるので声は出しませんでしたけど、あまりの光景に嬉すぎて爆笑してしまいそうでしたよ、まったくもぅ♪

表紙を飾る雑誌以外にも、まだまだこれから掲載誌は増えてくる訳で、欲望のままにまたもや買ってしまいそうな勢いの私です(笑)

ここはグッと堪えて吟味しながら購入して行きたいと思いますが、すでに今日は目に付いた全てを購入してしまっております。
もはや、重症です

それでは、コンレポの続きをどうぞっ!

注:ネタバレ含みま~す!
また、前回の記事は(レポ4)をご参照ください。
【リフレイン】
白をメインとしたモノトーンの衣装でしっとりと歌い上げる5名様。
Mラバで披露されたフリで踊ってらっしゃいました。

この曲を初視聴した時、すんなりと聞き惚れた曲でございます。
ナマで聴いて、さらに好きになりました


【ギフト】
そして続くバラード曲。
きました「ギフト」!!
母親への感謝の曲‥‥‥。

まだ、誰の母親にもなっていないので、そんなに歌詞がグッと来ることもなかったんですけど、ライブで聴いたらやべぇ~やべぇ~。

やっぱりナマの歌声って、威力ハンパないんだなって実感しました。
おそらく親の立場で見に来ていたら号泣していたと思います。

【マイガール】
そして、たたみ掛ける様に続く感謝ソング♪
嵐さん達、どんだけ私らファンに感謝するんでございましょうか。

むしろ、こっちが「ありがとうの想いを伝えたいよ!」と、力いっぱい負けじと歌って来ましたよ!

そして、曲が終わるとモニターには「MJDER GAME」の文字とファミコン世代の我々には懐かしのアナログちっくなゲーム画面が‥‥‥

すると、右手側から潤くんがワイヤーに吊られ、スーパーマンのような姿勢で登場です!

そんな所にワイヤーを仕込んでたのかっ!!
と、今回どこにも吊られる要素が見当たらなかったので驚いた私。

次に右へゲーム場面がスクロールし始め、小さな岩が迫って行きます。
(シューティングゲームをご想像くださいませ)

私は横位置からの視線で観ていたので、岩に激突したように観えていましたが、きっと正面から観ていれば華麗に避ける姿を確認できたのでしょうね(これもまたライブならではの経験)

そして、避けきれない程に画面いっぱいの大きな岩が出てくるとパンチのポーズで岩を撃破!!

途中、ニノちゃんの顔が付いた宝石が出現して、それに触れるとレベルUP!!

最後には宝箱が出現し、宝箱に触れると「NEXT STAGE Come back to me」の文字が中から‥‥‥。

何とも洒落た、手の込んだ演出にしてやられた思いです

で、私が一番気になったのは「ニノちゃんの顔付き宝石」。

もしや、この発案者はニノちゃんってこと?
それとも、ただゲーム好き代表としてなのかしら???

どちらにせよ会場が沸いた事に変わりありませんが、そこんとこ‥‥‥
大変気になります(笑)

ちょ~雑な説明図↓
MJゲーム


【Come back to me】(潤くんソロ)
ワイヤーアクションを終え、青と黄色のエナメル質な未来的?な衣装でメインステージ上でダンシング。

ロボットダンスとはまた少し違う印象なんですけど、あぁ~~~、私のボキャブラリーでは説明できない‥‥‥orz
(曲のイメージに良く合った振りだったとでも言っておきましょうか‥‥‥)

あと、大門サングラスもかけてました。
なので、ダンス中は表情を読み取れませんでしたが、最後ハケル前にサングラスを外し、素敵な表情でバックステージの方を見てキメポーズ♪

その仕草に、会場キャーーーーーーでした。(もちろん私も♪)


【Magical Song】(相葉くんソロ)
モニターに顔からはみ出る程の巨大なサングラスをかけた相葉ちゃんのアップ!
サングラスには赤色で「Magical Song」の電飾文字。

まさに、マジカルな男の登場に会場が沸きます。

この曲、ホントにアゲアゲソングで、相葉ちゃんのダンスもカッコ良くてすご~~~く盛り上がりました。

それと、間奏部分で照明が落ちたと思ったら突然、相葉ちゃんの衣装が光りだしたぁ~~~~!!(ジュニアの衣装も)

名づけて、雅紀エレクトリカルパレード(なんつって♪)

ライブ栄えする曲だなぁ~と、今回の曲の中で一番印象が大きく変わった曲かもしれません♪


【PIKA★★NCHI DOUBLE】
この時は、ムービングステージでこちらに移動してくる潤くんと、上下にしか動かない近くのステージ上にニノちゃんがいた記憶がございます。

好きです!大好きですこの曲!!

「5×10 CLIPS」でニノちゃんが「隠れた名曲と言われてますが、隠れてません、名曲で押してます!」とおっしゃっておりましたよね。
そのコメントに、「Yes!私も同感です!」と首を立てに振った事を思い出します。

いやぁ~ステキでした。
PVのように頭上に広がる開放的なお空を見上げてしまったりしながら、これまた一緒に熱唱してました。


【Love so sweet】
ラブソーと言ったら、翔くんですよ!
って、ありゃ?なんか記憶が抜け落ちてますなぁ~。

ノリノリで「ウォウォ」言っていたのは間違いないんですけど、あの日から1週間以上も経つと私の脳に記憶が‥‥‥。


【言葉より大切なもの】
メモによると、大野くんが近くにいた模様。花道にかな?

コンサートではお決まりの冒頭部分は、期待通りに大野くんが「ここには~♪」の後にマイクを高々と上げてくれたので、

あるからーーーーー!! と叫んで参りやしたっ

また1つ、私の夢が叶った瞬間です。


【Believe】
キタキタキターーーーー!!
と、またもテンションUP!
好きです!大好きです!!(←クドい?)

スピード感溢れる曲に、5名様のカッコイイダンス
そして、翔くんラッーーープ!!!

やっぱカッコイイ~とステキさを再認識。

さらに、花火はいつくるのかぁ~?と構えてみたり(笑)
(アニバコンの時の盛り上がりがものすごい印象的だったのでつい)

花火はなくとも、一緒に盛り上がれて感動でした。


ARASHI SHOW TIME
突然、翔くんが英語で話し出します。(と同時にモニターに和訳が表示)

うひょーー英会話の成果を披露ですね!
なんてツッコんでましたけど。

とにかく、かっ カッコイイーーーーー!

で、そんなトキメキも束の間、英語の苦手意識が強い私はそのスピーチの最中、翔くんに注目せずにモニターの和訳をガン見していたアホでございます。あぁぁ‥‥‥orz

その後、数人の黒い傘を持ったジュニアに囲まれた翔くんが噴煙とともにピエロに早代わりっ!(ピエロはおそらくジュニアかな?)

そして、ステージ上がサーカスの雰囲気へと変わり、モニターには「ARASHI SHOW TIME」の文字です。

すると右手から中刷りの潤くんが登場。
そして左手からは、な、なんと相葉ちゃんが登場!

二人で進化した「MJウォーク」を披露です!

それはまさに空中ブランコをイメージさせるような演出で、モニターには割と潤くんが多く映っていたんですが、クルクル回って頑張る相葉ちゃんの姿に大丈夫かなぁ~なんて、終始目がくぎ付けでした。

挑戦する嵐さんここにあり!って感じです。

【サーカス】
ピエロちっくな色合いのボレロ?を羽織って曲のイメージにピッタリの演出を繰り広げる5名様。
3ヶ所に吊るされた正方形の枠組みに「OA」、「N」、「MS」のペアで別れ、上下に動く中で熱唱です。

どうしたって注目してしまうのは高所恐怖症の翔さんですよね~。
でも、心配するのも必要ないほど、ステキな表情で歌っておられました。
さすがです!

【アクセントダンス】
「truth」のイントロが流れ会場がウキャーーー!と沸くも数秒後、今度は「Re(mark)able」が流れ‥‥‥
えっ??まさか音響トラブルですか?と思いました。

でも、表情を変えずにダンスを続ける嵐メン。
またまた、嵐さん達にしてやられちゃいましたよ

どうやら以前、はうずコンなどでみられたアクセントダンスが始まった模様で。

カッコ良いガシガシ系のダンスを披露される5名様に見とれて、詳細は覚えていないんですが、これまでの嵐さんの曲を数曲リミックスした音が流れておりました。

途中、あの「千手観音」的な振りもあって見ごたえ充分♪

しかし、忙しい中よくこんなにも沢山の新しい振りを覚えられるものかと、驚かされた場面でした。


【Monster】
ナマで5名様のモンスターダンスを観れて、感無量
しかも、火柱は上がるは、花火は上がるはで見るとこ多くて大変だぁ~♪

炎の演出は、かなり距離のある私でも暑さを感じるほどで、円形のセンターステージで踊っている5名様は相当暑いんじゃないかと思いました。
(その暑さを緩和する為か噴水も少し上がってましたね)

メインステージの屋根?から上がる花火はアニバコンの「Believe」の時とは違い、曲のテンポに合わせて少しゆっくりめに、かなり長い時間上がっていたのが印象的です。

そもそも、曲とダンスが神がかって素晴らしいので、それだけで見応え充分なんですけど、これぞクライマックス!!と言わんばかりの演出で、とても華やかで振るえました。


終わりの挨拶
BGMが流れると、早くも終わりを察したファンの方々がすすり泣き始めておりました。
まだ何も話しちゃおりませんけど~と、ツッコミたくもなりましたがつられてジ~~~~んとしてしまった私です。

※以下、嵐さんの挨拶はニュアンスでお読みくださいませ。

S:皆さん、今日はほんとにありがとうございました。
  3年連続で国立で出来るとは思いませんでした。
  皆さん、ありがとうございました。
  最初のラップにメッセージを込めました。
  何かあった時はボク達嵐と言う5色の虹が皆さんの頭の上に輝く事を
  願って止みません。


O:皆さん、ありがとうございました。
  あっと言う間でした。
  皆の顔を今日はマジマジと見たけど、もう、嵐だね!
  皆、嵐家族で行きましょう!
  笑顔に包まれるこういうライブ、やって行きましょう!


A:ありがとうございました。
  始まってからずっと、一瞬一瞬楽しくて‥‥‥、
  忘れたくないな~って思ってやってました。
  10年目でMAXだと思ってたけど、11年目もっともっと楽しくて、
  終わりがなくて‥‥‥もう、終わりのない旅だね!
  嵐で芸能界、戦って行きましょう!


N:ありがとうございました。
  どうやら皆さん嵐なので、1曲ずつ振りを覚えてもらって、
  いつでも相葉さんと代われるように‥‥‥


A:おい!卒業制度とかないから!
  ゆとり教育でねっ!

と、翔くんが「すみません!」といった感じで相葉ちゃんを連れて戻る微笑ましい姿が見られました。

N:時代が便利になって色々な嵐が見れるようになったけど、
  嵐が見たい嵐はここしかありません。
  翔ちゃんがタカになったの見せたいなぁ~とか‥‥‥、
  過程の話ですよ?
  嫌な事忘れたいな、一緒に汗かきたいなと思ったら、
  また来て嫌な事は置いて、忘れて帰ってください。
  それがボクらの役目だと思っています。


M:ありがとうございました。
  楽しかったです!
  ボクの見ている風景は毎日少しずつ変わって、色んな人に会って、
  色んな事を考えています。
  今日見た風景を大事にとって、明日からまた頑張ろうと思います。
  皆も明日から頑張ろう、上を目指そうとポジティブになってくれればい
  いなと。
  同じメンバーとしてまた遊びに来てくれれば‥‥‥、
  しょうがないから足しになってやるかって来てくれれば嬉しいなって思
  います。
  皆の笑顔で元気になりました。
  ありがとう!



【To be free】
開放的な空間で聞けるのもまた一役。
伸びやかな嵐さんの歌声に酔いしれる~♪

5ヶ所に散らばって1人乗りのタワー上で歌ってました。
リズムに乗るのが難しい曲ですけど、なんとか乗り切ったような(笑)


【空高く】
も~~~~ホントに、好きですこの曲!
ドラマの印象が強すぎるんでしょうけど、「5人で嵐!」を感じずにはいられない曲なんですもの♪

確かこの曲でだったと思うのですが、途中、一番近いタワー上にいた潤くんが動かない‥‥‥はて??

他の4名様は、遠くにいる私からもファンに向かってお手振りしている姿が見えているのに どうした松潤!!

そんな時ほど、モニターに潤くんのお顔が映ってはくれず‥‥‥。
きっと感情込めて熱唱していただけだと思うんですけど、ちょいと心配してしまいました。

そうこうしていると、ふわふわふわ~~~~っと、パステルカラーの風船がお空へ

会場に渦巻く気流に乗って、ゆっくりゆっくりと空に吸い込まれていく景色は、それはそれはキレイで、キレイで、キレイで‥‥‥嵐さんと会場の皆がまさに同じ風景を観ていた瞬間がそこにありました

そんな中、気づくとニノちゃんが自分カラーの風船を2個抱えながら歌ってまして、その風船どうするのかなぁ~と見ていたら、最後タワーの下で待っていたスタッフに渡してました。

おそらく演出上の事を考えての行動だったと思いますが、個人的には時間差で空に飛ばしてほしかったなぁ~なんて

そして最後、歌い終えた5名様はオープニングの登場と同じ場所から「ありがとう!」と退場して行きました。




と、本日はここまで。

つづきはいよいよコンレポ最終回、アンコール篇です。
では、(レポ6)で♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。