スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んな感情が巡る映画「大奥」!

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんばんは

映画「大奥」を拝見して参りました!

これまでの人生で、こんなにも1つの映画の公開を待ちわびて思いつづけた事は果たしてあったでしょうか‥‥‥。
ニノちゃんがこの映画にクランクインする少し前辺りからなので、半年以上になるのかな???

その間、原作や様々な雑誌から色々な情報を詰め込みすぎたかな?なんて心配もあったのですが、その心配をよそに、心に響く素敵なシーンの数々で、大満足の一時を過ごさせて頂きました。

再度、映画館へ足を運ぶ所存です!

それでは、追記で感想を‥‥‥

※以下、ネタバレ含みますので、ご注意くださいませ。
まず、映像とマッチした音楽がものすご~~~~く素敵でした。

わぁー素敵な音楽!って思った場面が随所でありまして、今までそんな風に映画を観ていて感じる事もまれなので、少し驚いたほど。

「笑わすところはテンポ良く」って当たり前なんですけど、軽快になりすぎていないと言うか、時代にマッチしている感じで。

そして何より、冒頭で流れるメインテーマに、ぞわぞわぞわっと、鳥肌でした。
TVで散々耳にしている曲なのに、胸が締め付けられる様な、これから始まる期待感みたいな思いも重なってなのか分かりませんけど、カラダが振るえましたよ。

観た方々がおっしゃる通り、同じくサントラが欲しくなってしまいましたわ♪

で、開始早々にやってくる、水野と貧しい女性との夜伽の場面

あぁ~脳内でよみがえる二宮さんの裸体(上半身)‥‥
(管理人妄想中の為、しばしお待ちくださいませ

‥‥はっ! いかんいかん、ついつい(笑)

素敵なお姿に終始そのシーンは目を奪われてしまいましたけど、これがまた子供が見ても問題ナッシングな按配で。
巧みな演出に、もっと見せろーーー!! と言いたくなってしまう気持ちを抑えつつ

目の保養~♪な場面なんですけど、二人の会話はとってもシリアスなこのシーン。
かなり自分の身とシンクロしてしまう点もあったもので、早くも号泣
(今までの最短記録更新ですよ、まったくぅ!)

で、なんでしょうか、原作を読んでますので展開を知っているのに、やっぱり映像の力ってのはすごいんだなって思いました。

でねっ、とにかく水野がカッコイイ!!!

ホントに男気のある素敵な青年を二宮さんは見事に演じておりました。

冒頭の道場での稽古シーン?では快活さが滲みでていましたし、大奥内でのいじめに刃向かう姿や相手を軽快に捲くし立てる姿は観ていて気持ち良かったです。

そして鶴岡とのシーンも迫力満点で、原作には無い対峙のシーンも見応えのあるものでした。

実は前日に読んだ雑誌に「鶴岡の切腹」の一文がありまして、出来ればこのワードを知らずに観に行きたかったので、かなり楽しみが半減した中での観賞だったんですけど、このシーンがまた格別に良くって。

対峙から切腹までの二人の一連の演技、素晴らしすぎて、結末を知っちゃっていたのにまたしても号泣ですよ!

泣きすぎて、本気で目の前にワイパーが欲しくなりましたもの(笑)

そうせざるを得ない時代と言いますか、武士道とでも言うのでしょうか‥‥‥、とても哀しい場面ですが、この余韻が数時間経った今でもまだ心に響いております。

その後、水野はこの出来事を背負って大奥で出世して行き、策にはめられてしまう訳ですが、そんな中で少し気持ちが和むシーンと言えば、やっぱり垣添が絡むシーンですかね。

普段の嵐に対しての自分の反応が、傍から見たらこんな感じなんだろうかと思うほど、気持ちに同感できる女性目線な人物。

観ているこちらが恥ずかしくなる様な感覚もありつつも、垣添と一緒に水野にキュンキュンしてましたよ

それと忘れちゃならない水野が垣添に「勢い余ってチューしちゃった(@試写挨拶)」場面と、その直後の杉下の笑い。
この杉下役の阿部さんがまぁ~~~た絶妙な笑い方なもんで、つられて爆笑♪

とにかく水野と垣添のシーンは微笑ましくて楽しくて、懐かしさを感じました。

そしてそして、命を懸けた水野と吉宗の夜伽の場面なんですが‥‥‥

ここはもはやエロ目線で観るような場面ではなかったですね。
(当初はエロ目線で見る気満々でした・笑)

で、まさに心と心が交わる場面とでも言いましょうか‥‥‥。

水野の願いを聞き入れる、吉宗の力強い一言にも自然と涙が溢れてしまいましたし、抱き寄せる水野の姿にも胸が締め付けられました。

終始、事ある場面で嗚咽が漏れるほどに大泣きしてしまっておりました。
結末を知っていると大概泣けない体質なので、自分でもビックリで。

でも、それだけ俳優の皆様の演技力に引き込まれた結果なのではないかと思っております。

他にも、数多く心にグッ!と響く場面が目白押しで、映画の修了までがホントにあっと言う間でした。

そして、やはり観客を大奥の世界に引き込む役柄であるニノちゃんの演技は、ホントに最高の一言!!!

すぐにでもリピートし直したいのに出来ないのが、何とももどかしい限りです。

また映画館へ足を運びたいと思える映画も今までそうもありませんでしたが、すぐにでもあの大画面で二宮さんの素敵な表情を堪能したいっす

そうそう、終盤での仏壇のおむすびを取る際に着物のすそをまくってあらわになる二宮さんのセクシーなおみ足は必見☆

あっ、それと最後、エンディングで流れる「Dear Snow」も大音量で聴くとまた格別♪

悶えて、泣いて、笑って‥‥‥と、ホントにまぁ~色んな感情がクルクルと巡ってくるストーリー展開で、めっさ見応えのある映画でした!!

あぁ~~~~2回目はいつ行こうかなぁ~♪


 おまけ:一緒に観た旦那様の感想 
ニノはやっぱり演技が上手いねっ!で、吉宗かっけぇ~!!
とのこと。(もちろん私も激しく同意♪)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。