スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フリ家」第2話の感想♪

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんばんは

寒いですね~。
で、北国では昨日、初雪が降ったそうな。
(寒いのイヤだけど、雪が降る中「Dear Snow」が聴きたいなぁ~と密かに願う私

どーりで、東京も冷え込んでいる訳ですな~。
帰りに自転車こいで耳が冷えて頭が痛くなる程‥‥‥。
そろそろ耳当てが必要な季節なんですね。
はぁ~、そうなるとやっぱり寒いのはキライです‥‥‥

と、私のグチは置いときまして、早速本日もドラマ「フリ家」の感想に参りますよ~♪

※一応、タタミます。
第2話 『どうせオレは恥ずかしい息子だよ』

ってなサブタイトルの今回。

‥‥‥いや、むしろ
親父の方が恥ずかしい人間じゃん!!!
って、声を大にして言いたくなる内容でした。

食事の時に息子が話しかけているのに全く聞こうとしないし。

妻の病気の原因は、いつまでたっても就職できない情けない息子が原因なんだと決めつけてるし。

誠治なりにプライド捨てて、仕事紹介のお願いをしたのに、仕舞いにゃ~罵声を浴びせちゃうし。
(確かに親父の言い分も納得できるんですけど、そこに愛情はあるの?って思っちゃう)

で、親子で同じセリフを言ったかと思ったら、女(愛人?)の影!!!!

ま~この女性とどんな間柄なのか今後の展開が気になりますけど、今回までの印象としては 親父、最低だなっ! ですよ。

責任感じてる誠治は、もがきながらも何とか母親の面倒を看ながらバイトしてるのに、親父‥‥どんだけ妻に冷たいんですか。

正常でない妻の姿を見てその場を立ち去る親父に、誠治と一緒になって私も はぁ!?なんで何も声かけないのよ! ってな気持ちでしたよ。

観ていて猛烈に腹が立ちました

で、そんな親父とは対象的に少しずつ成長している姿がみれた今回の誠治くん。

誠治の仕事に対する考えが甘い部分って、世間知らずの若い頃の私だって少しはあったもんなぁ~なんて、初回を振り返りながら観てました。

大概の人は、何のスキルも無い新人なんだってことと、お金(給料)は二の次で、とにかく色んな経験を積むってことが最初は大切なんだということを自覚しているもんです。

だから、ハローワークで基本給を曲げない誠治にガツンと「20万払って雇いたいと思わせる何かがアナタにあるんですか?」と職員が言い放った場面は観ていてスッキリ~♪
アンジャ児嶋ナイス!!!って思ったのは私だけではないはず(笑)

で、その後、プライド捨てて親父に頭下げたのに罵倒され、仕舞いには返却目的で洗濯した仕事着を見て、お母さんに「仕事してるじゃないの」なんて言われちゃって、情けなすぎる自分をやっと自覚した誠治くん。

そして、逃げずに続けた土木の仕事場で、黙々と作業する人達と一緒に働く中、やっとお金だけじゃない素敵なモノがあるんだ!って事を知れたみたいで、安心しました。

好きな仕事やってたって思うように行かない事なんて沢山あるんだから、そこでどれだけ辛抱強く腐らずに続けて楽しさを見つけるか!ってな事なんだからさ~って話な訳ですよ、仕事に限らず人生も。

まぁ~とにかく、誠治くんがこれで、一歩前進できたみたいで何よりですな

で、だいぶ話をまとめちゃいましたけど、第2話は親父にムッ!として、誠治にホッ!とした回でした。

では最後に、本日の個人的なツボを♪

自室のPCで仕事を探す際、眠気で身体が後ろにそれると同時に白目をむく姿。
なんか妙~にツボっちゃいました(笑)

ではでは♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。