スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GANTZ PERFECT ANSWER』を2回観終えての感想♪

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、ど深夜にこんばんは

え~、我慢出来ず公開2日目(24日)に、またまた拝見してきてしまいました~!アハ♪

だって色々気になるんだも~ん!

って事で、2回観賞し終えての感想を‥‥。

※今回さっくりめですが、ネタバレ含みますので、ご注意くださいませ。

ちなみに、初見の感想はコチラです♪
いやぁ~2回目も楽しかったし、面白かった!!

「PART1」と比べると格段に声出して笑える箇所は少ないんだけど、全く違った面白さがあるんですよね。

“謎を解いていく面白さ”って言えばいいのかしら。
“色んな疑問を確認する面白さ”(←言い方変えただけ)ですかね。

いままでも、そういう作品はあるにはあったけど、2回目もここまで楽しめた作品は個人的に初めてでしたわ。

アクションシーンは何度観ても見応えあるし♪

もち、二宮さんは超絶にイケメてるし!!
(大画面で観れるって最高~

でね‥‥初見より“切なさ”ってヤツがね‥‥これでもかってぐらい胸の中で膨らんで行くんですよ~。

初見時には、玄野くんと多恵ちゃんが坂道で会話する場面ってキュンキュンする場面なのに、玄野くんのラストを思い出すと切なくなってきちゃうのよね。

一緒に遊園地に行けないんだよな~とか。
下の名前で呼び合う事も叶わないんだよな~とか。

とにかく2人が幸せになる事はないんだもんな~と思うとついね。

涙もろい人は早くもここで確実に泣くね!(←私危なかった人)

私の場合、初見時はラストにGANTZ球に“しあわせに”の文字が出た瞬間でしか涙は出なかったんですけど、2回目は多恵ちゃんが1人で遊園地にいる場面から“うるうる”し始めまして、観覧車の電飾文字で涙腺崩壊でした。

で、玄野と加藤が最後の言葉を交わす場面で再度涙が溢れ、ラストカットで自然光が差し込む(←この演出最高!)GANTZ部屋が映ってアングルが球に迫っていく段階で号泣

それも前回の比ではなく 嗚咽するほど!(←自分でもビックリ)

場面的にもセリフはありませんし、公開2日目ですから、おそらく周囲は初見の方々。
そりゃもう、かなり静かな劇場内。

‥‥そんな中、ワタクシ1人で号泣です。

あー恥ずかしい><

周囲の皆様ごめんなさい!と思いつつも、止まらないし止められな~い!な状況でした(苦笑)

でもね、何も泣くか泣かないかが映画の良し悪しを計るバロメーターではないんだけど、胸に突き刺ささってくる感動の値としてもの凄かったです。

それも1回目じゃなく2回目の方が大きいって事を今まで経験したことが無かったもんですから、驚きと共にホント凄い作品だな~ってしみじみ思います。

結末を知っているから当たり前なんだけど、2回目の方が胸を突かれる場面が多かったり、何だろな‥‥1回目とは違う感じ方がしたりね。

“何度も楽しめる”ってこういう事か~ってね。

そんな映画に出会えた事が嬉しくなってきちゃうし^^
なんかとにかく、色々と衝撃的な作品ですホントに。

あーそれと、謎だった箇所は2回観ても謎なままな部分が多かったです(笑)

もちろん自分なりに解釈できた部分が大半なんだけど、「最初に仕掛けたのはそっちだ」って星人が口にしてたけど、そもそもその最初がなんなのか分からないままだったし、最後、玄野が加藤に向かってXガンを打つのに、偽西くん(千手観音)を倒してしまうのかが解明に苦しむし‥‥。

まぁ~でもそんな映画特有のグレーゾーンを加味しつつ、なんとか再確認して判明した点と自分なりの解釈で、今は1回目よりは少しスッキリしてるかな。

時間が経つと、またモヤモヤして来そうな気はしてくるけど‥‥。

そうそう、エンドロールで流れるGANTZのテーマ曲、今さらだけど、かなり格好いいですよね。
お腹に響く低音がなんとも言えず、たまりませ~ん。

‥‥って、さっくりのつもりが結構ダラダラと書いちゃいましたが、それだけ私にとっては色々言いたくなる魅力的な作品だったという事でお許しを♪

影響受けまくりで、正直コレ書いてる今も、ラストを思い出すと切なさで胸がチリチリするし。
ってか、頭から映像とテーマ曲が一向に離れないーーー!

まだまだしばらくは、GANTZの世界から抜け出せそうにありませんわ^^

ホント、ニノちゃんが言うように「GANTZ」って怖いわ!って感じ(笑)


------------------------------
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 ランキング参加中 
記事に共感頂けましたら、是非とも下記ボタンを押して頂けると幸せです♪


 ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

いつもポチッと 1992*4##111 ございます!
コメント

くみさんへ

こんばんは~♪
玄野くん(ニノちゃん)格好いいですよね~^^

私もアクションシーンは電車内でのバトルが好きです!
ストーリー的にも主要人物が同じ電車に乗り込んで行く展開からして目が離せませんし、あの狭い空間でスピード感ある立ち回りがとにかく迫力ありますものね。

あっ!それに、バトルシーンではないけど、玄野くんと重田が接触するシーンが秀逸で♪
ものすごく印象的だった場面がニノちゃんが提案した演出だったと翌日雑誌で知って、めっちゃ嬉しかったし^^

爽快感、疾走感、緊迫感‥‥とにかく色んな要素がギュッと詰まっていて、電車のシーンは高揚してしまいます。

そしてそして、疑問点に返答をありがとうございます!

Xガンって、ピストルと違って時間差があって射程範囲が分かりずらいので、その点がいい意味であの演出に生きているんでしょうね。
くみさんの解釈に同意です!

で、多恵ちゃんが生き返った私なりの解釈なんですが‥‥

GANTZ(玉男)の自己中的な異変で現実世界に玄野や星人が現れてしまって、多恵ちゃんはGANTZ(玉男)との直接的な関わりはないにせよ、加藤星人に斬りつけられて息絶えたことにより間接的にGANTZの世界と関わってしまった。

間接的にせよ、GANTZと関わって死亡したことから、生き返る(解放される)対象者になったのではないでしょうか?
(おそらく多恵ちゃん以外にも電車内のバトルで犠牲になった一般人も生き返っているのでは?)

いやホント、色々考えさせられるし、難解なお話ですよね。
頭がこんがらがってきますな。

正直、こんなに何度も観に行きたくなる映画は初めてです!!

観てきました♪

マーナさんこんばんは。

やっとこさ『GANTZ』観てきました~♪映画誌で読んでいた見所を確認しつつ、「やっぱニノかっこいーわ」と思って見てましたよ。
アクションシーンはただただ凄い。私は二人の加藤より、電車の中のアクションが好きだなぁ。
ちなみに中身ですが、「先に仕掛けてきたのはそっち(星人)」→GANTZが初めてミッションを出した時に、誰かが星人をやっつけた。
「加藤に向けてXガン射ったのに何故偽西君が?」→よくある、顔の横をギリギリ抜けて後ろにいる偽物西君に当たった。
と私は解釈したのですが。
最後に玄野が玉男になって加藤達が元の世界に戻った時、何故にたえちゃんが生き返ったのか??疑問が残りました。
ま、そういう物だと思うしかないのかな。観覧車のシーンがよかったので良しとするか(^_^;)

ってな感じで、私も後何回か見に行きたいです。

長々とスミマセンでした(^-^;

とーこさんへ

どうも~♪
ブログをご覧頂き、コメもありがとうございます!

ええ、もう2回観ちゃいましたよ!
しかも、すでにまた観に行きたい衝動に駆られてますし♪
(↑誰か止めて・笑)

同じく私も1回目は置いてかれないように付いてゆくのに精一杯でした。
その点、2回目は落ち着いて観れましたけど、心の締め付けられ具合は倍増してましたね。
きっと観る度に違う感動や発見があるように思います。

出来れば、週1で『GANTZ』を観に映画館へ通いたいぐらい^^

マジ、とてつもない作品ですよね。

“大奥が霞む”って気持ち分かります!
『大奥』も素敵なお話だし、どちらもニノちゃんの演技は輝いてる作品だけど、エンタメ性に優れてるって事を考えると、『GANTZ』が軽く飛び越えてしまったのかな?って思います。

私なんて、週の前半は届いたばかりの『大奥』を、本編→コメンタリ→原作を読み直す!ぐらいまでにどっぷり『大奥』に浸っていたのに、週の後半は『大奥』の“お”の字も思い出せないぐらい華麗に『GANTZ』モードに切り替わっちゃいましたからね~。

ニノちゃんが「『GANTZ』は『硫黄島~』と並んで自分のプロフィールに載る代表作になる」ってコメントしていた記事を読んだ記憶があるんですが、その時は「『大奥』は?」って疑問だったんですけど、観終えた今はホントそうだな~って、納得してます。

確かに観終えた時は疲労感を覚えますが、この大作を全身で体感できる内に、お財布と相談して何度も足を運びたいと思います^^

No title

こんにちは。
先日ツイでフォローさせていただきました、
ツイネームとんこの、とーこと申します。
(同じHNにすればよかった・・・)

もう2回見ちゃいましたか!
スゴイ!!
私も早く続きが見たい! 色々と租借して
噛み砕きたい。
1回目は、ただただ振り落とされないように必死で
自然とあふれ出す感情をコントロールするのに
精一杯でした。
見終わったあとの疲労感が、いやはや何とも(汗)

正直大奥が霞んでしまうくらいですよねヾ(^ ^ゞ =з =з
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。