スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ARASHI LIVE TOUR “Beautiful World”】国立9/4 レポ2(前半)

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんばんは

本日は、嵐さんの国立公演最終日(2011年9月4日)のレポになります。
あの夢のような1日から早1週間。
ホント早いよ。

いまだ、あの日の余韻に片足突っ込んでるワタクシは、ちょいちょい実生活でヘマやらかしたりしておりますが、お陰様で充実した日を過ごしております。

さて、早速レポを始めたいと思うのですが、その前に少しお話しさせてください。

ご存知の通り台風直撃の危機に見舞われた今回の国立公演。

ツアーの当選に外れてしまった多くのファンの存在だけでなく‥‥

中止の可能性。
天候の心配。
順延によりスケジュールの折り合いや交通手段への影響で涙を呑んだ方の存在。
嵐さんやスタッフさんの安全。

色々と複雑な心境にもなり、正直、気持ちの整理が不十分なまま、不安いっぱいで当日を向かえての参戦でした。

そして今、コンサートの成功と無事を見届けてきた身として、どうしてもこの場で伝えたい事があります。

お前から言われても‥‥‥な話になるとは思うのですが、それでも言わせてください。

今回の公演に参加出来なかった多くの方達が、無事の開催と成功を願っていた事をブログやツイッターを通じて存じております。

皆様の願い、想いのお陰で、とーーーーっても楽しい幸せな時間を過ごさせてもらえた事、心から感謝しております。
ありがとうございます

特に私が参加した4日は開始時刻に雨がパラツキもしましたが、“気温”、“心地のよい風”と、とにかく過ごしやすくて皆の想いが神様に届いたんだなーと、公演が修了した時に思いました。

確かにあの空間には、嵐さんと彼らを支えるスタッフさんと、7万人の観客の想い、そして、あの場に参加出来なかった方達の想いが存在し、溢れていた事を思い出します。

自己中ではありますが、少しでも恩返しが出来ればいいな、微量だとしても幸せのお裾分けを‥‥と、きっと大したものは贈れないかもしれませんが、私が感じたあの興奮と感動をお伝え出来ればな~と、そんな思いで感想を綴ってみます。

でも、正直、どこまで伝えられるか自信なんて無いに等しいです(爆)

しかも、参戦するとなれば「全力で楽しむ!」をモットーとしておりますので、当日はかなりハッチャケました。
ですから、恐らく興奮気味なレポになってしまうと思います。
場合によっては目障りかもしれません。

でも、少しでも多くの方に楽しさが伝われば嬉しいです。

では、参ります!

注:ネタバレ含みます!セトリは前回の記事(レポ1)をご参照ください。また、レポはあくまで正確さに欠ける管理人の記憶で綴られたモノであります事、どうかご理解の上ご覧ください。
まず、手書きで申し訳ありませんが、ステージ構成と座席位置(★)をご覧ください↓
BWコン座席図

座席番号は【北ゲートアリーナB20ブロック33番】。
前回の記事でも報告しましたが、ワタクシ今回、嵐コン2回目の参戦にして初の「アリーナ席!」をGET致しました

いやぁ~チケットが届いた時は、歓喜で叫びましたよ~。

でも実際に足を運ぶまでは、毎回ステージの構成も異なりますから、どの辺りなのか全く想像出来ずで。
届いた後もひたすら、とにかくイイ席だったら良いな~と祈るばかりでした。

で、実際に会場に到着して座席の案内を見た時は、花道に囲まれてるけど「ど真ん中かぁ~」と正直少し落胆したんです。
「アリーナでもやっぱりそんなに甘くはないよな~」ってね。

あとは花道との距離感がどんなもんなのかだよな~って思いながらB20のブロックエリアに移動したら、ビックリですよ!
33の座席番号の椅子を発見した途端に興奮しました!

座席の真横は通路。
しかも、明らか~にその幅が他の通路よりも広い!!

「こ、これはまさかのまさかかしら~♪」って、一緒に参戦したお友達と興奮しちゃいました

トロッコの期待、大、大、だ~い!!!

ちなみにこの日、私は先日VSでニノちゃんが被って話題になった“アラレちゃん帽子”を被っての参戦です(笑)

会場で被っているお仲間がいないものかと周りを探したのですが、結局1人も見付けられなかったけど‥‥。
かなり売れたみたいなので、「何人かいるかな~?」って思ってたんですけど、意外といないものなんですね。

で、「これはかなり目立つよね?」つって期待を膨らませておりました。

席に着いたのは確か開演20分前ぐらいだったと思います。

上空は晴れ間と早いスピードで流れてくる薄暗い雲の層。
いつ雨が降りだすのか全く予想出来ない不安定な空模様でした。

ですから、いそいそとペンラや双眼鏡など必要なモノを鞄から取り出し、他のモノは濡れないようにと袋をガサゴソ‥‥。
準備を終えてもすでに興奮していて、かなり注意力散漫な状態。

でも、少しでも会場の雰囲気を目に焼き付けようと周囲を観察しました。

まず、見渡した感じの印象としては地面と花道との高低差が人の身長ほどあることに驚きました。
それゆえ、中央の花道を挟んだ反対側が良く見えない‥‥。

でも、反対側は見えずとも、周囲をぐるりと花道に囲まれたこの場所なら、「場所によっては充分に肉眼で嵐メンの表情が拝めるかも!」と、改めて良席である事を把握しました。

そして、演出を含めたステージ構成を把握すべく、前方や後方を確認です。

一番に目を引いたのが、前方の巨大モニター頭上にせり出した足場と、そこから円形の中央ステージ手前の花道に伸びるスロープ。
「おー!これってフライングがあるって事よね?」と期待。

そして、バックステージから聖火台へと伸びる階段とステージ移動の装置。
「おー!これは『アニバコン』のDVDで見た、ステージが上昇して行く装置じゃん!」

と、どんどこテンションが上がりました。

しかも、今回サイドモニターとバックモニターの計4箇所でメンバー個々のお仕事の紹介VTRが流れてまして、以前にも増して賑やか。

この映像もっと良く見てメモしておけば良かったと、今ものすごーく後悔しております。

記憶では確か、翔くんのEテレで放送される医療番組、怪物くんの映画、それとフリ家スペシャルの映像(香里奈ちゃんとニノが食事をしている場面etc.)が流れていたのを覚えているのですが、相葉さんの内容と潤くんのが流れていたのか思い出せない‥‥orz

でも、そんなおぼろげな記憶の中で一番印象的に残っているのが、翔さんが執事役での出演が決定している『謎解きはディナーのあとで』の映像でした。

ただ、こちらの映像は音と文字のみで、本人のビジュアルは全くありません。

でも、でも、でも、でも、「失礼ですが、お嬢様の目は節穴でございますか?」のセリフが翔さんの声で流れてて、めっちゃ興奮です

いやぁ~上手く言葉に出来ませんけど、とにかくドラマへの期待が更に強くなったのは言うまでもないです。
福耳♪福耳♪

でも、「どこから登場するのかな~?」とか、雲行きが怪しすぎて、「雨降るなよ~」とか色々考えていたら、繰り返し流れるそれらの映像に正直あまり集中できておらず、とにかく私、ソワソワしまくってました(汗)

そして気付くと時計は、予定開始時刻の1分前。

そろそろ嵐コールを始めようかと思っていた時、雨がポツリポツリ‥‥。

「ひゃー!やっぱり降って来たか!」と慌てて合羽を着用。

この時、もう笑うしかないっていうか「今日も嵐が嵐を呼んじゃったのね」とか「やっぱり嵐は何か持ってんな」ってきっと全員が思ったと思う(笑)

で、そうこうしてたらオープニングの音が鳴り響き、メインモニターには映像が流れ始めて、ほぼ定刻通りに開始しちゃって、嵐コール出来ずでチト残念だったけど、この時の会場の行動がみんな同じで素早くて、変な一体感を早くも感じてた瞬間でした


オープニング
巨大モニターに映し出される5名様。
どんなだったかすでに記憶から消えてますが(雨でメモれてないし)‥‥個々に名前と顔が映る度に歓声上げてました♪

で、オープニングの曲がそろそろ5名様の登場を予感させる盛り上がりになった頃、目線は明らかに怪しいメインモニター頭上へとシフト。

すると、にらんだ通りモニターの上に設置された足場に5名様が登場です!

衣装はゴールド×赤×キラキラ×ヒラヒラな印象(詳細はWSや雑誌を参照ください)

去年、スタンド席から観戦していた身としては、この場所、肉眼で表情は分からずとも「誰がどの位置か判別できる!」とさらに興奮!

しかも、片手を軸とした状態で合宿のアドベンチャーを彷彿とさせるフライングで颯爽と登場する嵐さん。

フライングの順番はとタイミングをずらして降下。
めちゃくちゃ引き締まった男前な表情です。

翔くん大丈夫か~?」と思いながらも、私はニノちゃんの表情を確認しようと双眼鏡を覗きます。

でも、上手く照準が定まらず双眼鏡のフレームにニノちゃんを治めるのに四苦八苦(汗)
かなりもたついたので、他メンの状況不明。

それどころか、フレームに捕らえられたのは着地直前‥‥。

でも、その着地直前の表情は今も脳裏に焼き付いて離れません!

だって、風を受けてあらわになるオデコから鼻筋を通ってちょっぴり尖がった口元、そしてアゴから喉元までのあのフェイスライン!!
たまらん!!!

めっちゃセクシーな表情で滑り降りてきて、クールな顔で固定器具を外してるんですよ。
それを真横からのアングルで堪能できて、ため息出ないはずがない♪

「あぁ、なんて素敵なのかしら~」と横顔をチェケラ出来て早くも胸がじんわりしました。


Believe
「ヘイ!国立!アーユーレイディーーー?」
「ARASHI LIVE TOUR “Beautiful World”!」
で曲がスタート!

で、のっけからどうしよう‥‥雨降っててメモれてないのよね。
すでに、どこで踊っていたのかあやふや(汗)

WSで流れていた3日の映像が頭に上書きされちゃってるから自信ないけど、中央ステージ上で踊っていた‥‥かな?

と言いますか、いきなり予想を反する曲でのスタートに驚いたのなんの。
しかも事前にネタバレしちゃったドームバージョンと始まり方が違ったので、意表つかれました。

しかし、しょっぱなからこの曲で盛り上がらないはずがない!
踊りも最高にクール!

「ギリ肉眼でも分かるかな?」な微妙な距離間に、夢中で双眼鏡を駆使してあたふたしながら一緒に乗りまくってました♪


Oh Yeah!
つづくageソング。
5名様は花道をファンサしながら、それぞれタワーリフトへ移動。

「雨ふっても負けんなよっ!」が嬉しかった♪

こちらも一緒になって乗りまくり。
もちろん、右手をブンブン振って飛び跳ねてました、はい私が。


言葉より大切なもの
「ここにはー?」に「あるからーー!」とお決まりで全力のレスポンス♪

メンステ向かって左からの順でリフト上昇。

「国立ー!会いたかったぜ~!」
「おとといは御免よ~!」
「俺らが、元気と勇気を全員に与えてやるよ!」
「俺達5人で7万人を元気に幸せにしてやるよ!!!」


「いらっしゃいませ~~!」
「いらっしゃいませ~~~~~!」
「コンサートできるぞ!」
「もっと行けんだろっ!」
「最後までよろしくぅ~!」


「たのしいね~♪」
「最高だね~♪」
「もっと!」
「もっと!」
「最高になろうぜぃ!」


「ハァ~イ!」
「ハァ~~イ!」
「ハァ~~~~~イ!」
「今年ラストの国立祭りでぃ!」


「調子はどうだー?」×2
「雨には負けませんよ!」
「上の方調子はどうだ?」
「下の方調子はどうだ?」
「東京、調子はどうだ?」
「みんなの声を聞かせてください!」
「アラシ!セイ!」


と、メンバーの挨拶と翔くんに煽られての至福のレスポンス時間


A・RA・SHI
イントロかかって「えっーーーーー!?」って思った。
「生でデビュー曲が聴けるのーーー♪」って。

「♪あらしーあらしー」って一緒に振りが出来て、幸せかみ締めてました。

嵐さんは個々に四方の花道をメンステに向かってゆっくり移動しながら笑顔でファンサ。

ラストの「♪ゆ~あまい、そうそう~」からの部分では周りがめっちゃ静かで、みんなで聴き入った!って感じでした。
静かなんだけど、その会場の空気と一体感にも感動したわ。

大野くんの伸びやかな歌声、ホント最高でした!

「♪ふぉーどりーーーーむ」の後、5名様は奈落によってステージ上からアウト。

その後、嵐メンの衣装チェンジまでの繋ぎとして、メンバーカラーの(白雪姫の小人ちっく)衣装を着たジュニア(小学生ぐらい)の5人が、風船持ちながらメンステ2階部分に左右から歩いて登場。

そして続々とウエスタン、ラテン、ハワイアン、エジプト、ドイツの鼓笛隊?な衣装のジュニアも登場(確か各5名づつ)して、曲に合わせた踊りを披露。
イッツァスモールワールドな世界を展開。


虹のカケラ~no rain, no rainbow~
5名様がメンステに、上下白×一部ヒラヒラなメンバーカラーの長めのベストみたいな羽織り物×虹色スカーフ(詳細はWSや雑誌を参照)な出で立ちで登場(印象としては、風景コンのMC明けで『リフレイン』歌っていた時の衣装に似てるかな、と)

向かって左からの順。

それぞれ、自担カラーのジュニアの隣で歌うのですが、二宮さんは歌いながらジュニアの頭をポンポンと。

あ、双眼鏡でニノちゃんをロックオンしていたので、他メンとジュニアの絡みはまたしても不明です。
ごめんなさい(汗)

そうそう、ジュニアから風船を手渡された後、歌の途中で立ち位置を移動する際、ニノちゃん大野くんの風船が絡まるプチハプニングがありました。
結構すんなり解けてたけど、その光景にこちらサイドはだいぶ和んだ記憶が。

“わざと”ではなかったと思うけど、淡い期待を実行してくれて感謝みたいな、そんな瞬間でした。

曲のラスト「♪手のな~かの未来~を~お~」で、手にしていた風船の束を高々と掲げて上空へ向け解き放つ5名様。

すると、数万個(記事によれば5万個)の風船がアリーナからも大放出

去年も感動しましたが、「こりゃまた今回はカラフルで素敵!」と感動。

すでに2曲目の『Oh Yeah!』の頃には雨も止んでいて、青空とグレーのうす雲が入り混じった上空へ、そのカラフルな風船があれよあれよという間に強風に揺られながら吸い込まれて行きました。

風船の行く先も追いたいけど、嵐メンも見たいし、「どうすりゃいいんじゃー!」と、ホント贅沢な一時を堪能です♪


Løve Rainbow
曲の始まりとともには左側、は右側のムービングステージにて外周移動を開始。

その際、ニノちゃんが飛んでく風船を「ほら!」って感じで指差しながら翔くんに近づいて行って、それに反応した翔くんと仲良くしばらく眺めていたのですが、その2人の後姿を私はひたすすら眺めてました。

その後ニノちゃんはステージの脇に座り込み足をプ~ラプラ。
その姿勢でアリーナ席にお手振りしてました。

「あはは、やっぱり座ったね♪」って思った瞬間でした(笑)


Summer Splash!
曲のイントロがかかるやいなや、「おっと、これは?これは?」
「夏だ!夏だ!夏だ!夏だ!夏だ!夏だ!夏だーーーーーーっ!!」

と、翔くんのテンションだだ上がり!

しかも、「誰か止めてーーーっ!」って叫んでたし(笑)

ステージがバクステに近づく辺りで、距離的に遠かったのもあって良く覚えてないのだけど、確か相葉さんに受け止められていたような‥‥。
ここ大事なはずなのに何故かうろ覚えです‥‥あぁorz

ラスト「♪サマースプラッーーーシュ!」の掛け声で花道の脇(8箇所ぐらい?)からウオーターキャノン噴出!(確か計2回)

案の定、アリーナなのですぐに乾く程度でしたが、濡れました。
2回目の噴出では会場内に流れる風の関係で濡れる事はなかったけど、この際ずぶ濡れを経験しておきたかったな(笑)

ま、とにかく、とってもとっても楽しそうな5名様を見ながら、「♪Oh~Yeah!~」での手の振りもバッチリこなして、夏らしさ全開の曲と演出に一緒になってハジケられて最高に幸せでした。
「夏を満喫~!」って感じで♪


ハダシの未来
イントロ開始と同時にワタクシ、手にしていたメモ帳を「こんなの持って踊れるかーーっ!」と、イスに放置しました。

5名様は聖火台へ向かい上昇する移動ステージ上で、スタンドマイクを使ってのお決まりダンスを披露(すみませんが立ち位置の順序不明)

遠くの5名様を肉眼でとらえつつ、歌の途中に少し雨がパラつくも、そんな事はお構いないしに振りを全力投球!

途中、ニノちゃん翔くんがヲタ芸を披露なさってくれてました!
ビバ!ヲタ芸!!

そう言えば、すでに歌の始まる時点で衣装が軽装になっていたような‥‥はて?どのタイミングでヒラヒラの上着を脱いでいたのかしら?


Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
聖火台の前に設けられたステージ上でPVと同じダンスを披露。

何度リピったか知れない、間奏部分(翔くんのソロダンスから始まってたたみ掛ける様に踊るとこ)

めっちゃ、かっこよか~


Lucky Man
バクステに移動してきた5名様。
その後、バクステを向いて左側を大野くん、右側を相葉ちゃんがそれぞれムービングステージにて外周移動。
は花道を移動。

「きゃー『Lucky Man』も生で聴けるー!」って歓喜してたら、ここでとうとう事件勃発です!!

実はしばらくして、近くにいたスタッフさんにより床に置かれていたロープがいつのまにか腰の高さに上昇してまして、通路を規制されていたんです。

「もしや、トロッコ移動があるって事?」と、察知するや「いったい誰が来るの!?」と、胸躍らせ待ち構えていたらやって来た!

とうとう来た!

し・か・も‥‥
こちらに向かって歩いて来るのは紛れも無く、私の愛しの二宮さん

にのーーーーーー!!!!と絶叫(笑)

ここぞとばかりに被っていた帽子を指差しアピール!(←アホ)

その際、お友達が機転を利かせ(招き猫イラスト+“にゃ~”文字)団扇を有り難くも手渡してくれたので、それを胸の位置に抱え、手を振りながら待機です。

もうね、トロッコでこちらに向かってくる光景が少女漫画のワンシーンのように、キラキラな☆が周りに見えるわ、人でなくてお花畑の間を進んでくるーー!ってな感じで私には見えてました(笑)

で、視線合わないかな~って期待しながら顔を拝んでたけど、うん、ダメだった。
正直、帽子の件もあってかなり期待してたから、直後はちょっと凹んだね。

でもでも、私の目の前をサーーッと通りすぎるほんの数秒、その一瞬に幸せもらったぁ~♪

だって、あんな至近距離で真下からニノちゃんを見上げる事が出来るだなんて想像もしてなかったもん

間近にいる人間と目を合わせるって、そうとう恥ずかしい事だろうしね。
むしろ、私に背を向ける事なく、私の後ろのファンに向けて両手を広げて笑顔を振りまく貴方を間近で見させてくれて、心からありがとうです。

「時間よ止まれ!」って本気で想ったのも初めてなぐらい、ホント、夢みたいな時間でしたわ♪

通路を通っている時間なんて正味30秒ぐらいなのかな~。
かなり高速で通りすぎた印象だけど、脳裏に焼きついている光景は、今はめっちゃスローで再生されます。
そして一番の至近距離で一時停止してみたり(笑)

みんな知ってる事だけどさ、ホントに顔が小さくて、スッとした素敵な顔立ちしてて、笑顔が輝いてて眩しかったし、素敵で格好よくて、そしてめっちゃ可愛かったのよ♪

この脳内映像で、今後かなりの事は乗り越えて行けるわ、私

そう言えば、この曲大好きだし、去年のコンサートでは聴けなかったから歌ってくれてすごく嬉しかったんだけど、もうニノちゃんから目を話せなくて、他メンの状況も曲もどうでも良くなって興奮しまくってましたわ。

すみません


Shake it !(潤くんソロ)
メンステ→花道→中央ステージとダンスしながら移動していた潤くん

あのさ、エロさのビジュアルは翔さんの『T.A.B.O.O』を軽く飛び超えちゃったよね!

いやね、曲を聴いて最初からなんとなくエロイ予感はしてたよ。
でもここまでの威力とは、さすがです潤くん

そんな総括を述べたくなるダンスと表情を披露してくださいました。
私、終始「ヤベーヤベー」と言っていた気がします。

「♪シェケシェケ~」で両手を挙げてリズムに乗る振りはめっちゃかわいいのに、途中に挟み込んでくる腰振りがなんともセクシーで。

衣装は、真紅で少しハリのある長めのシャツを素肌に羽織った出で立ち。

もうさ、シャツのボタンを1箇所しか留めてないから、舞台の為に鍛え挙げられた腹筋がほぼ全開されてるに等しいのよね。
その姿でこちとらすでにノックアウト寸前ですよ!

ジャケットプレイ的なものも織り交ぜながらの今回のダンス‥‥完全にR18指定だよね。

お子様にはどのように写ったのかしら。
刺激的すぎただろうに‥‥。

これがDVDになった日にゃ~、鬼リピ確定ですよ皆様
あー早くまた観たいよ~♪

あ、それと、メインモニターにアメコミちっくな潤くんの映像が流れてまして、これがかなりイケてたんだよな~。
なので、これもちゃんと見たいな~と思うワケです。

ですから、DVDになる時には是非とも、いざなうツアーのDVDみたいに踊る潤くんとモニターに映る映像とを切り替えられる機能を付けてもらいたいです、切実に!

この曲に限らず、結構モニターに流れる事前制作映像に嵐さんが登場してる事ってあるんですよね。
コンサート中って、本人達にどうしても視線が集中するから、映像をちゃんと見れてない事がほとんどなんで、そうしてくれると嬉しいな~って想います。
きっと叶わぬ夢でしょうけどね。


明日の記憶
衣装はブロンズ色の光沢シャツ×紺色のロングコートみたいな羽織り物とシックな柄スカーフ(かなり大きめ)を太めのベルト?で一緒に止めたスタイル(←説明ながっ!)
(詳細はWSや雑誌を参照ください)

メンステ上に登場して、しっとりと熱唱の4名様。

メモにはおデコ全開な翔さんに見とれてたと記載あり。

間奏開けの「♪大切な~思い出~さえ~」潤くん合流。

曲の途中で、だいぶ日が暮れる始めていることに気付きました。


僕が僕のすべて
あぁ~そしてまたも大好きソング。
好きで好きでたまらない曲。

震災後のauのCMで再び使われて、しかも凄く素敵なCMだったから好きさが増したのも事実なんだけど、個人的には震災前に使われてた時から好きでした。

そう、嵐のFCに入る前からこの曲とCMのマッチングに心奪われてたな~って、聴きながらしみじみ思っちゃいました。
話が反れましたが、とにかく聴けて、じぃぃ~~~んと感動。

そうそう、だだっ広いメンステ中央に5名様が(向かって左からの順で)ぎゅっと隣り合っていたのが印象的で、それ観て「ホントこの5人が嵐でよかった!」ってつくづく想った一時でした。

ラスト「♪それだけはかわら~な~い」のフレーズを通常1回のところ、繰り返して2回熱唱してくれてました。


Hero
そしてまたもやってきた夢の時間。
今回トロッコでやって来たのは翔くんです。
ニノちゃんの時はだいぶテンパッていたので、今度は冷静に良く見ようと(気持ち的には)務めた私。

でもね、ダメね。
そう想った1秒後には「翔くーーーーーん!」って興奮しながら叫んでたよ。

これまたファンサは愚か、目線すら合う事は無かったんだけど、翔くんのお顔も間近で拝見しちゃいました。
ホントにお肌が白くて美しかったです。
もうキラッキラ

そして、あの有名なロイヤルなお手振りも間近でね。
正直、幸せすぎてとろけてしまいそうな勢い。

でね、そんな幸せに浸る間もなく、次の方がやってきちゃいまして、ええ。

リーダー大野さんのご登場です。

ファンサの種類がメンバーいち多い事もあって、終始手を色々と動かしながら声援に答えてらっしゃっていて、満面の笑みでこちらに向かってくる姿を観ているだけで、心癒されちゃうというか何というか。

その姿が実に菩薩様の様なオーラを放っていて、「大野くーーーん!」て叫びながらも、どこか心の中では手を合わせて拝んでました。

でね、きっと気のせいだし、記憶を塗り替えちゃったかもしれないんだけど、大野くんが目の前を通りすぎる寸前に視線を移動するタイミングで一瞬目が合ったか?って想った瞬間があったんです。

でもホント一瞬。

例えそれが、目が合ったとは言ってはいけないレベルだとしても、私にとっては一つの事実。
いや、でも塗り替えてたら偽りか。

まぁ、どちらにせよドキっとした瞬間がありました。
その一瞬は忘れられません

で、またしても目の前を通りすぎ行くお2人を脳裏に焼き付けるのが精一杯で、他メンの状況一切不明です。

そのくせ、焼き付けた2人の伝え方がなっておりませんけど、どうかご勘弁を‥‥。


「じゃなくて」
(相葉くんソロ)
バクステに白シャツ×黒サスペンダ×茶系の(チェック柄?)相葉丈パンツをお召しの相葉さん登場。

このソロ曲も、とっても相葉さんらしさとマッチしていて好きな曲です。

イスを使ったり、赤いハンカチを使ったりと、長い手足を活かしながら、軽快なダンスを披露。
これまた自然と笑顔になってしまう、そんな空間でした。

ただ、位置的にどうしても背後にメインモニターがある状態になってしまう為、表情が分からなくて残念無念。
距離があると踊っている人を双眼鏡で見るのも限界があるので、ひたすら一緒にノリノリで声援送ってました♪


このままもっと(翔さんソロ)
メンステに、グレー×紺×水色を貴重とした様々な大きさの水玉柄スーツ+同柄のハットを被った翔さん登場。

フリーに近い、かなりゆったりめなダンスだったと記憶しています。

表情もそうだけど、とにかく甘かった。
マジで甘い香りさえ漂ってきそうな感じでしたよ♪

ラスト近くだったかの「♪君にはも~っと、この先ず~っと」の“君には”をかなりタメぎみで歌ってらっしゃいました。


Everybody前進
白シャツ×メンバーカラー(パステル調)のジャケット×ジーパンなスタイル。
それと、首もとには個々に柄の異なる蝶ネクタイをしてました(詳細はWSや雑誌を参照ください)

中央ステージに向かって、はメンステから。
は花道の右側から。
は花道の左側から。
はバクステから、それぞれ白い衣装のジュニアを1人6~7人ぐらい引き連れて、花道を行進。

中央ステージに到着した後、左へ曲がった大野くんが一番の近距離で踊っていたので、ロックオン!

踊る姿は残念ながら後ろ向き。

でも、隣で並んで踊っているジュニアの子が中でも一番ちんまい子で、後ろ姿なんだけど、その高低差が大野くんの愛らしさを更に倍増させてました。

っていうか、この曲の振りがそもそも最強に可愛いからなお更なのかも。

とにかく、これまた一緒に手の振りが出来て幸せの極み♪


きっと大丈夫
それぞれ、バラバラちりじりで熱唱。
はムービングステージで右側外周へ。
は右側の花道途中に設置されているサイドステージ上。
は気付いた時には聖火台手前に隣接されたステージ上に。
は左側の花道途中に設置されているサイドステージ上。
はムービングステージで左側外周へ。 

「上のほーーーーーう!」と途中で3回ほど煽りあり。

リズムに合わせて大きく手を振りながら、一番近くにいる大野くんを中心に、5名様が笑顔でファンサをしている姿をずーーーっと眺めておりました。

それと、どのタイミングだったか不明なんですが、「翔くんが“敬礼”していた」との記載がメモにあります(曲のラストでかしら?)


Happiness
中央ステージに集合する際、若干遅れたニノちゃんの手を相葉さんが掴んで引き寄せる一幕あり。

この曲ホント最高!

私、終始飛び跳ねて、腕を振り上げていたと思います。
「♪Yeah~Yeah~Yeah~」や「♪走り出せ~」のサビ部分では腕がちぎれるか!ってなぐらい全力で(笑)

5名様はラスト、中央ステージ上で横一列になって、隣の人の肘を持つ感じで腕を繋げてウエーブを披露してくれました(←『ナイスな心意気』のPVでもやってます)




と、ここで前半が終了です。

1週間前ともなると、やっぱり覚えている事って強烈な部分だけになってきちゃいますね。
もっともっと色々あったはずなのに、こんなんでレポって言えるのかな‥‥。

次にUPするMCも自信ありませんけど、よろしかったらご覧になってくださいませ。

では、つづきは(レポ3)へ♪


------------------------------
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 ランキング参加中 
記事に共感頂けましたら、是非とも下記ボタンを押して頂けると幸せです♪


 ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

いつもポチッと 1992*4##111 ございます!
コメント

くみさんへ

こんあいば~♪

お読み頂きありがとうございます!

そうですね、スタート時点で振り出した雨が止んだ後は、お天気なんてどうでもよくなってましたよね。

そして、国立という場所を考慮したセトリと演出に興奮しまくりで、私もアラシック同士で参加できて、とーーーーーっても楽しかったです^^

それに、私は単純なので全て生歌だと信じて聞き惚れておりましたが、特に目立った音響トラブルもなく、ホントに素敵な時間を過ごさせてもらいました。

あーまた1年後まで、あの夢のような体験はお預けなんですよね~。

嵐ファンが全員参加できるようになる事ももちろんだけど、ツアーなんだから何度か参加したいな~と思ってしまいますね~正直。
贅沢な夢になっちゃいますけど。

私もセトリ順で曲聴きながら、TV誌見てタイムトリップしたいと思いまーす!

最高!!

マーナさん こんあいば。

やっとこゆっくりじっくりコンレポ読めました~♪

台風にはヤキモキさせられたけど、無事に怪我なくコンサートが終了してよかったです。
実際コンが始まったら、天気なんてどうでもよくなってましたけどね。

いゃ~しかし、一発目の曲。去年のイメージでいくと『Rock this』かと思ってましたが、まさかBelieveなんて! 私Believe大好きなんです♪歌もダンスも!!生で見れて、ちょ~カンゲキです。

初参戦の去年と比べると、かなり重症のアラシックとなった今、コール&レスポンスや踊り(腕振り?)もできる様になり、かなりはじけまくりました。やっぱりアラシック同士のほうが、遠慮なくはじけられますね。

潤くんソロでは、あの引き締まった肉体がダンスのエロさを倍増し打ちのめされ(悲鳴あげてたけど)、雅紀さんソロできゅんきゅんして(頑張って肉眼で見てたけどよく見えなかった(T_T))。
翔さんは、以外にさらっと過ぎた気が…(爽やかだったよ、うん)

ちなみに、去年と比べると流れがスムーズで、MCまでがあっという間でした。(潤くんがセトリ考えたから?)
去年はMCまだかなーって、少し疲れた感がありましたもん(自分が)

そしてなにより、あきらかに今年は生歌が多かった…気がする(ぼそっ)

うん、もう、サイコーでーす!!

後半レポも楽しみにしてますね~。

あ~、TV誌の写真も併せてまたしばらく妄想できるー( ̄▽ ̄)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。