スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラフェス2012レポ♪~それはファンの夢そのもの~【その②】

嵐の5名様・嵐ファンの皆様、こんばんは

今宵はアラフェス2012のレポの続き、MC編でございます。

2日分綴ってますから、今回も長いよーーーー( ̄∀ ̄)ニャハ
(そしておそらく伝わりづらい文章かと‥‥)

注:アラフェス2012前半の記事は(その①)をご覧くだちい。
また、今回のMC編はあくまで正確さに欠ける管理人の記憶で綴られたモノであります事、どうかご理解の上ご覧くだちい。

えーMCなんですが、雑誌やなんやで詳細な記事が既に出てたり、これから出たりだと思われますので、ここでは超ザックリで行きまーす。

【MC1日目】(9月20日)

S「イエーイ!重ね重ね嵐でーす!宜しくお願いしまーす!」
の重ね重ねの発言に会場は失笑。
ホント何度MC挟むの的な(笑)

S「今回はね、いつもと少し違いますからね」
と、ここはお話が少し長くなるよーと着席を促す翔さん

その後、潤くん相葉さんのソロ曲が“優しくって少しバカ”でなかった事。
翔さんが冒頭の大野くんの挨拶「アラフェス祭りだぁー!」の発言への疑問を投げかけたり、“CARNIVAL NIGHT”改め今日は“FESTIVAL NIGHT”だった事や、ニノちゃんがピンクの衣装を着ている相葉さん「写真は撮らなくていいんですか?」と林家ペーさんパー子さんだといじったり(笑)

また、翔さんは前回のコンサートの名称“ビューティフルワールド”を自信の主演舞台“ビューティフルゲーム”と言ってしまい、すかさず「ぶっこみますねー」ニノちゃんに突っ込まれる場面も。

次から次へと楽しい話題が展開♪

そして、潤くん「久しぶりにこの国立で黄色い歓声が聞きたいな~♪」と提案。
女性客の「あらしーーーー!」に対し「これこれ、これだよ~!」と笑顔な潤くん

マジ可愛いすぎるぜ潤様(*´Д`)

そして末っ子な潤くん「次は男性の声も聞いてみたいよね」と更におねだり(笑)
すると二宮さん「ここで頑張れば周囲の女性から尊敬されるから頑張れ!」と男性客を煽る始末(笑)

いや正直、感心したと言うか盛り上げ方が上手いと言うかさ。
ニノちゃんの話術を垣間見た感がありましたよ。
さすがですね♪(←盲目)

その煽りによってかは分かりませんけど、男性客の「あらしーーーーー!」は相当なものでした(笑)

そしてWSでも流れた公開マスコミ取材&囲み会見。

わわらわとカメラを抱えた人達がどこからともなく出てくる出てくる!
すげー数!Σ(゚д゚;)

嵐さん達、慣れた具合に撮影の段取りをテキパキと進行。
「せっかくだから皆と写ろう!」って潤くんの提案で客席を背景に雑誌などの写真撮影からスタート。

「今日、別な理由でお仕事休んで来てる人は顔が写らないように団扇で隠すなりしてね~」なんて笑を入れつつ、「お尻向けてごめんね」とか「もう少しお時間くださいね~待っててね~」とかファンを気遣う言葉を発したり、モニター用のカメラに目線を向けて変顔して退屈させないようにサービスしてくれたりしながら大量の光を浴び続ける嵐さん達。

そういや途中で、大野くんが近寄ってきた虫を払いのけてたんだよね。
その仕草が可愛かったんだよなー。
カメラマンさん、その時のお写真はありませんこと?
あんだけ沢山いたんだから誰か撮ってるでしょ?って思うのだけど‥‥。

まぁいいや(笑)←よくもないけど

で、なんかね、撮影がすぐ目の前で行われてるから距離は近いし、とてもナチュラルに撮られてる姿に親近感を感じるんだけど、でもやっぱり壁があると言うか、別世界の人達なんだよなーって実感させられたよね。

でも、その一生埋められない距離にトキメキと夢があるだもんね。
だからマイナスではなくていい意味での実感(*´ω`*)

因みに、某雑誌にボケボケ超ではありますが自作の団扇(半面)が嵐さんと一緒に掲載されちった!
ちっさいけど‥‥嬉しいものですね♪
(あの場にいたという確固たる証を頂けた事に感謝してます)

そしてお次は囲み会見。

嵐さん達が立ち位置の変更で移動する際に、
J「高いところから失礼します!」
S「失礼しま~す」(←5年目の嵐ちゃん決起集会での言い方)
N「お邪魔しま~す」(←翔さんの言い方に乗っかるニノちゃん

↑ここのやり取り“やまたろ!”って思って一人で萌えてました(* ´艸`)

それと二宮さん相葉さん「写真撮らなくて良かったんですか?」と再びイジり始めて「ペーパーじゃねぇよっ!」と、わちゃってた(笑)
にーのーあーいー!

で、カメラマンも入れ替わりインタビューが開始。
TVでお馴染みのインタビュアーさんを数名確認。

翌日のWSでは相葉さんが振りを1から覚え直すってくだりが多く取り上げられておりましたが、全てのやり取りを見ていた身としては「ほうほう、あの話はやはりカットしたか」とか「こういう風に編集されて放送されるんだなー」なんて事を改めて思ったりして不思議な体験。

で、大まかなインタビュー内容を綴りますと‥‥

まず、今日の天候を心配してたという話になり、S「今年も作ったの?あの気持ち悪いテルテル坊主(笑)」A「おい!気持ち悪い言うな!(笑)今年は作ってないけど、去年のが効いたのかな?1年越しで(笑)」とか、今回は投票によって選曲された曲を披露するので忘れていた曲とかありますか?って質問に対しての相葉さんの返答は、ほぼWS通りの会話がなされました。
(その模様はZIP、チェックタイムで長めに放送されています)

続いて今年の夏の思い出は?と突然意表を突かれた質問が(東海林さんから)投げかけられ‥‥
N「え!?このタイミングで聴きます?お母さん!」とワタついた二宮さんが可愛かったな♪

なんだろ?と考え込むニノちゃんを横に、翔さんが五輪の取材でロンドンへ行った事が思い出だと回答。
翔さんが話し終えても、尚も考え込んでいた二宮さん

「わ~ニノちゃんまだ考えてるよ~」なんてその姿を見つめてたら、ニノちゃんに向かって「もうちょっと語った方がいい?」と気遣った翔さん
N「ん?あー‥‥大丈夫」と、この何気ない数秒のやまたろの会話を目の当たりにしちゃった事に妙に興奮してたわ、そう言えば(笑)

で、N「リハーサル‥‥リハーサルかなー。あとはずっと家にいましたね。おうち。」(←おうち発言かわゆす♪)
「ここ半年ぐらいずっと家にいたから、初日のリハーサルはすげー楽しかった!」

レポ「そんなに家とリハーサルの日々だったらお金貯まったでしょ?」ってレポーターの質問が倹約ケチ宮さんに固執し始めたのを察して、O「お金の話は止めましょう!」って強めの口調で言った大野くんのフォローが面白くもあり素敵でした。

そして大野くんはアメリカで鳥とお話出来るようになった事が思い出と回答。
レポ「どんな風に?やってみて下さい」と無茶ブリされるもうやむやにスルー。
(この囲み会見のNOの話が放送されたのは“やじうま”のみでしたのでやじうまグッジョブ!)

相葉さんは初夏の思いでとして大野くん潤くんの3人でアメリカでお酒を飲んだ事と回答し、潤くん「このあとアラフェスで披露する事をずーっとこの夏はやってました!」と発言。

会場が「えー!何~?」ってざわついたら、潤くんが自ら「気になる~↑」って言って更に会場を沸かせてた(ZIP参照)
それに対してS「今日は松本さん全部自分で処理しますよね!」と突っ込んでました(笑)

その後、レポーターが潤くんの左の人差し指にはめられた指輪の理由を聞くのだけど、「いや、特に意味はないですよ」と答える潤くんに、尚も言及しようとするレポーターに対して翔さん「気になる~↑」って潤くんの言い方そのままにスマートかつ場の温度を更に上昇させる切り替えしをしたのには胸熱でした。

この囲み会見でMCの時間が削られちゃったんだなーなんて、正直少し残念に思ったりもしたんですが、アイドルのお仕事をまっとうしている姿と彼らのチームワーク力を垣間見れたのはホントに貴重な体験だったと思います。

13年支え合って出来た姿がこれなんだなーって思ったらちょっとグッと来るものもあったし。

あ、そうそう、忘れちゃいけない大宮劇場(* ´艸`)

最後に来られなかったファンに一言!って言われてグダグダなコメントになりかけた大野くんニノちゃんが耳元でコソっと指示を出してたのよね。
それからはZIPで流れた通り“大野を操る二宮”または“二宮に指示を出させる大野”な展開で(笑)

ホント放送してくれたZIPさんありがとう☆

そして取材陣が撤退。

J「お待たせしました!」
「ここまで皆が投票してくれた結果を元に曲をやって、もう出たって人もいるだろうし、まだ出てないって人もいるとは思うんですが、ここで少し、俺らも自由に唄いたいよ!だから唄わせて!って曲をやってみてもいいかなー」
と。
S「唄わせろや!って(笑)」
A「カラオケ的な?」(←この発言に相葉さんはカラオケでミスチルを唄うと誰かが暴露)

って事で嵐さん側からの一方的な提案による“オレフェス”なるコーナーが進行。

以下、各自が唄わせろや!っと提示した曲と理由を。

:Green / 自分が携わったエコ番組の曲であり披露した場が少なかったので是非とも唄いたい。

:Hey Hey Lovin'You / 曲のテンポとイントロの「じゃばぁぁ~」が好きだから。
Nさん「林家さんどうぞ!」と回答権を振ったり、Aさん「じゃばぁぁ~」の言い方に対し「ゴリラみたい」と突っ込んだりと、とにかくAさんをいじりまくっておりました)

(方やSさんOさん「では憲法の達人は?」と振る始末)

:Kissからはじめよう / ぽーーーっといくじゃん!
(と彼にしか理解できない理由に他メンも会場も爆笑)

:スケッチ / とにかくこのタイミングで、且つこの場所(国立)で唄いたい!

:みんな(他メン)にやって欲しい事がある!‥‥と。

最後の潤くんの発言に「言いだしっぺ潤くんなのに、やりたい曲じゃないんかい!」ってだぶん多くのファンが心の中で突っ込んだ事でしょうよ。
翔さん「事務所通してますか?」なんて聞き返してて、まぁ~本人達はやる事知ってて話を盛り上げているんだけど潤くん「OKもらってる♪」とか言って、「もはや松フェスだね」とか「まつ祭り」とか言っちゃってるしさ。

ネタバレしない様に自然に話を進める嵐さんのここでの会話、この後の展開を知ってから改めて振り替えると彼らの話術に尊敬の念ですよ!

で、オレフェスでの披露は2曲って事らしくて気付いたら4人がくじ引きを開始。
そのくじ引きにより、1日目は【Green】と【Hey Hey Lovin'You】を披露する結果へ。

S「では相葉さんそろそろ‥‥」
A「‥‥‥‥‥!?」
「あ、ごめん!もう1回振って(笑)」


S「相葉さん‥‥」
A「やっちゃいますかね(笑)」
このグダグダなやり取りに会場は失笑。

そして突然S「うぁっ!つった!!!!!」
(↑翔さんはグダグダっぷりがツボに入り笑った反動でわき腹だか背中だかを攣た模様)
面白すぎるショウサクライの姿に会場爆笑でした♪


【MC2日目】(9月21日)

S「イエーイ!僕たちが嵐でーす!」とMC開始。

この日は昼間に都心でゲリラ豪雨があり、その時間帯グッズ売り場に並んでいたファンを気にかけるお話が展開。

J「並んでるあの状況だと、雨だー!振ってきたー!逃げろー!ってワケにはいかないもんね」
(↑この時の言い方が凄く天使だったんだけど上手く文章に出来なくて誠に申し訳ない><)
O「傘とかさせたのかな?」
N「ああいう場ではさせないでしょ」
「ひたすらジッと耐えてたんじゃないかな」

嵐「大変だったよね。ありがとうございます!」
なんて会話があり、相葉さんが監修したグッズについてのお話へ。

缶バッジが欲しい潤くんはスタッフに問い合わせるも「ありません」と言われたそう。
J「え?嵐なのに?俺らの分ないの?」と売り切れ続出の今回のグッズについて、当人達も入手困難ですよ!な会話をわちゃわちゃと。

そして、フード付きタオルのメイン色をグレーにするのは「その日に被っていた帽子の配色から採用したけど、楽しいコングッズにおいて、ある種グレーゾーンへの試みでチャレンジだった!」と上手い事言っちゃったな♪なノリで語る相葉さん
(他のグッズについても語ってらしたと記憶してますが詳細は失念)

お次は前半に披露した曲に対して、会場の客がどのくらいリクエストしていたのかを挙手で確認し始める嵐さん。
(記しておりませんが、1日目にも実施済み)

S「Love Situationに入れたって人~?」
客「はぁ~い!」とかなり沢山の人が挙手。
O「(ぼそっと)何がそんなにいいの?」
会場爆笑!
慌てて止めに入る他メン(笑)

S「じゃぁ次にエナジーソングに入れたって人~?」
挙手する人はパラパラな人数‥‥

嵐「あれ?」
「昨日も少なかったけど、昨日以上に少ないね」
「ダントツで上位だったんだけど、誰が入れてるの?」
「ここに来れなかった人達だったのかな?」
「入れたって人が来れるわけじゃないからね‥‥」

にしても少なくね?な確認結果に笑いました。

そしてお待ちかね、話したくてウズウズしていたであろう二宮さん相葉さんハプニング登場話へ。

N「クレーンのトラブルで上昇しなかったのは仕方ないとして、その場で歌っていればいいものを、なぜ中央ステージへ移動して唄ったの?そんなに目立ちたいの?もうね、“with嵐”な感じが凄かったですよ!」
的な内容を饒舌に語り始める二宮さん

仕舞いには「私、ずーっと上から見てたし、見ていたかった!」と言い出す始末。

そうかいそうかいと安定の相葉さんへの愛に泣きそうになったよ私は。

まぁ二宮さんにとって相葉さんの存在の大きさ、大切さを知っている身としましては、二宮さんに時折コイゴコロを抱く身でもあり、二宮さん相葉さん語りは正直、嫉妬心に近い感覚を覚える事も多かったりするんですよ。
でももうさ、そこはさ、嬉しそうな二宮さんを見れるってワケでもあって、色々胸中複雑になる事もあるワケさ(笑)

で、絶対一生敵わない存在だけど二宮さんが楽しくて幸せなら‥‥って最終的にいつもそこに落ち着くっていうね。

うん。なんだろね。何を私はいきなり語っているんだろうか‥‥。
でもね、ホント最近気付くと「あーこれは一種の嫉妬心なのかも」って思う事が多々あるのよね。
まぁーなんだ、相葉さんの立ち位置が羨ましくて仕方ないのだよ(笑)
そんななんで、にのあいの絡みに萌えるって事よか、幼馴染の戯れを楽しそうだね♪って目線で見てる事が多いです。

話がソレたので戻しますね(汗)

で、相葉さんがそのハプニングの時の事を振り返って、自分は多少揺れる感覚があたのでクレーンは上昇しているもんだとばかり思っていて、風船が割れて周囲を見たらファンとの距離が近くてビックリして、でもお客さんが沸いてくれてて優しい人達で嬉しかったよ!と。
「あそこ、チーム相葉です!」なんて発言もあって、相葉さんが登場した周辺のファンが再び歓声を上げて沸いておりました♪

次に1日目と同じくオレフェスで披露したい曲を発表。
順に曲と理由を述べる嵐さん。

翔さんは前日より少しくだけた感じで発表。

大野くんは理由を述べる際に「だって21世紀はKissからはじめようだよ?」と何度も“Kissからはじめよう”のワードを繰り出してプレゼンしており、どんだけ言うねん!と突っ込みたくなる程で会場を爆笑させてました。

相葉さんは前日と同じく頭の「じゃばぁぁ~」が好きだとおっしゃり、N「え?アジャパーなんて言ってましたっけ?」と突っ込まれてたね。

ニノちゃんは前日と同じくプレゼン。
でも制作して発表した当時、記念で100枚しかつくらなかったよねって話になり、S「このCDを持ってる人~?」と挙手を仰ぐ。
すると私の左横の列で数人挟んだ先の方が右手を挙手!
(↑手には大野くんのソロコングッズの3104リストバンドしてました)

「うわっ!」って羨ましく驚いてたら、アリーナ席にもチラホラいらした様で嵐さん達「おーーーっ!」つって嬉しそうに驚いてた。

潤くんも前日と同じ様に「曲ではなくて‥‥」と話し始め、4人にやってもらう事は既に決定してるよ!って流れの話方にN「シード権があるなら先に言っといてもらわないと!」と突っ込まれてた。

そしてくじ引き。

実際にくじを引いてはいるものの2日目は(大人の事情で)【スケッチ】と【Kissからはじめよう】を披露する結果へ。

潤くん以外のメンバーがくじを引き、1日目は【Green】を披露してくれる結果に、そして2日目は【スケッチ】を披露してくれる結果が判明した瞬間、私はどちらの曲も日頃から熱望していた事だったので「こんな事ってあるだね♪」と嬉しすぎて両日共に一人興奮しまくりました。

特に(おそらく大人の事情があった)2日目のくじ引き結果の瞬間は、前日に聴けなかった【スケッチ】が聴けるよ!って思ったら、自分の興奮具合が周辺の方々よりも尋常じゃない程大きなものになっていたと認識しいてます。
「やべー。はしゃぎすぎたかも!」と反省したもん(笑)

そして、S「これから披露する【スケッチ】はウラアラに収録されてますから、聞いた事ないよ!って方は要チェケラ(ドヤ)」
(↑さすがキャスター抜かりない)
「では相葉さん‥‥」
A「やっちゃいますかね!」

とこの日も失笑を買う曲フリをした櫻葉の二人(笑)

そして“オレフェス”披露へ。


本日はここまで!
MCをレポるってホント大変だわ(汗)
伝わりづらかったと思いますけど‥お読み頂きありがとうございます

ではまたアラフェス後半の記事でお会いしましょう!

アラフェス2012レポ♪~それはファンの夢そのもの~【その③】


------------------------------
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 ランキング参加中 
記事に共感頂けましたら、是非とも下記ボタンを押して頂けると幸せです♪


 ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

いつもポチッと 1992*4##111 ございます!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。