スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐とのなれそめ

ではでは、私と嵐メンとのなれそめを。

長文になりますので、お時間がある方はお付き合いくださいませ。


2009年に10周年を迎えた嵐くん達ですが、記念すべきデビュー会見の月に、私もめでたく三十路(みそねぇ)となりました。
まあ、自身が年をとったのかもしれませんが、5人でキャッキャするいとおしい姿が前々から気になっており、応援したい気持ちが抑えられなくなりまして、めでたく人生初のファンクラブ入会を果しましたとさ。

小学生の時に初めて購入したCDは「光GENJI」。
でも青春を謳歌していた時の私はいわばアンチジャニーズな人間でありました。
基本、「変り者」がほめ言葉で周りに流されずにいたかったので大衆受けするアイドルよりも、個性的なモノに惹かれる傾向がありまして、その当時は(椎名)林檎ちゃんの存在に心奪われておりました。
(今でも好きなのは変わりませんけど)
それでもファンクラブに入るほどの溺愛ぶりではありませんでした。

ではなぜにそんな人間がアイドルにハマってしまったのか。
(↑自分が一番ビックリなもので)
「嵐が魅力的すぎだから!」と言ってしまえば早いけど、デビューから振り返ってみたいと思います。

それと、嵐ファンへの道のりには旦那様の存在も大きなポイント(キーパーソン)なので併せて綴ちゃいます。


1999年
■ハワイ船上にて嵐デビュー会見&CDデビュー
伝説?な船上会見の模様はテレビニュースでただただ「すごいの~」と観た記憶が。
バレーボールは大好きなスポーツなので「A・RA・SHI」を歌っていた彼らを目にする機会は多かったけど、共に特別な感情はナッシング。

(ちなみにこの年、私は旦那様と交際をスタートさせております)

以降の数年はテレビで5人を拝見したり、曲を耳にすることもありましたが、失礼な話、個人的に特筆する事がないので割愛します。

う~~~、出来たらこの年に戻ってファンになりたい‥‥‥。


200?年
(旦那様との交際は至って順調!ってたまには波風もありましたけど)

年は忘れてしまいまいましたが、彼の影響でドライブ中にジャニーズの楽曲(おもにV6や嵐を中心 )に触れることに。
「男なのにジャニーズの曲聞くんだ~」って驚いた記憶が。
この頃の私にはまだまだ「ただのBGM」の域。


2005年
■二宮くん出演ドラマ「優しい時間」
倉本監督の作品は大好きなのでタイムリーに拝見。
 「嵐の二宮くん」の認識はあったけど、演技にどうこうな意見もなく、普通に作品を楽しみました。


2006年
■翔くん初主演映画「ハチミツとクローバー」
「へ~ハチクロ映画になるんだ~」、「でもDVD出たら観よう」ってレンタルで拝見。
翔くんの存在は知っていたのになぜか拝見当時、竹本くんを「翔くんが演じていた」という記憶がナッシング。 Why?

(ちなみにこの年、旦那様とめでたく結婚)


2007年
■二宮くん主演ドラマ「拝啓、父上様」
倉本作品なので、当たり前の様に観賞。
前回の作品「優しい時間」が良かったので、なぜか安心して二宮くんの演技を堪能しました。

■松潤主演ドラマ「バンビ~ノ!」
花男でブレイクの松潤の続ドラマを旦那様となんとなく観賞。
こちらも同様に堪能。

■二宮くん&翔くん主演ドラマ「山田太郎ものがたり」
コメディ好きの旦那様とこちらも仲良く観賞。

この年辺りから、お笑い・コメディ・バラエティ好きの旦那様の影響で「宿題くん」もちょこちょこ拝見。
(好きで番組を観ていたのは旦那様が先なんです)

「嵐っておもしろいな~」と彼らの魅力に惹かれ、気になり始めました。


2008年
■大野くん初主演ドラマ「魔王」
韓国で話題の作品だってこともあり、ヒューマンドラマ大好物の私は期待大で観賞。
なんといっても大野くんの演技にしびれました。
「大野くんって演技メチャ上手じゃん」と驚きの嵐!
成瀬先生としおりちゃんのLOVEにも自分と置き換える程に、どっぷりと「魔王」にハマリング。

さらに劇中の曲「truth」もドラマとマッチしてて「メチャカッコえ~♪」と。
嵐もこんなにかっこいい曲を唄う様になったのかと「CD欲しいな~」と思うまでに。

「魔王」をきっかけに私の頭にはいつのまにやら嵐の存在スペースが。

■二宮くん主演ドラマ「流星の絆」
東野圭吾といったらヒューマンな臭いプンプンで私は大好きなんだけど、重い話があまり好きでない旦那様。
でもコメディ色の濃いクドカンが脚本ってこともあってか、二人で仲良く観賞。
改めて、「ニノちゃんって演技がお上手」と感心。

そして、日に日に嵐熱の割合は拡大を続け、運命の10周年へ。


2009年
■翔くんからの年賀状?
今思えば、この年の嵐フィーバーの幕開けは元旦から。
ファンでもないのになぜかうれしさが‥。
そこには翔くんの笑顔にニンマリする自分がおりました。

■翔くん主演映画「ヤッターマン」
アニメを観ていた幼少時、大好きだった作品が実写に!
しかもメンバーで一番タイプな翔くんがヤッターマン1号だよ!
ってなことで、公開早々に旦那様と映画館へレッツらゴー!
ドキドキなシーンもありつつ存分に楽しみましたとさ。

■ベストアルバム「5×10 All the BEST! 1999-2009」発売
「truth」に惚れ込んでいた私はシングルではなく次に出るアルバムを購入しようと考えておりました。
なので、やっと発売するアルバムがベストなことに歓喜!
しかし予約せずとも初回版は手に入るだろうと他のアーティストと同じに考えておった当時の私。
恐るべき嵐人気の洗礼を受けるはめに。
(他のJグループも同じなのかしら?)

以降、嵐人気に様々なことで驚かされるのですが、それはまた後日綴ります。

仕方がないので通常版を購入。
パソコンでゲームをする傍ら、旦那様がレンタルしていた今迄の嵐アルバム数枚と今回のアルバム曲をエンドレスリピート。
「いや~いい曲多い!」と遅ればせながら認識致しました。

■PV「5×10 All the BEST!CLIPS 1999-2009」発売
ベスト版の教訓を活かし、予約にて購入。
え~え~落ちましたとも。
5名様の可愛さに。かっこよいダンス姿に。
がいくつあってもたりませんがな。

■嵐チャレンジWEEK!
怒涛の1週間を出来る限り拝見。
そしてファンへの感謝を込めたサイン色紙を5,000枚も準備していた嵐の5名様に大・感・動
世界一幸せなファンの皆様がうらやましくなりましたよ。
この映像を目にした私は 「こんなステキな心を持った彼らに付いて行きたい!」「残りの人生捧げます!」とテレビの前で応援しているだけじゃイカン!との想いでいてもたっても居られなくなリ、人生初のファンクラブ入会へと相成りました。


2010年
現在、私の頭の中心には嵐が居座っております。

ご覧の様に嵐フィーバーにやられたカタチとなっておりますが、「2008年には気にはなってたんだもん!」とつぶやきつつ、
「これからの人生を嵐に捧げます!」と宣言致します!

ホントにファン暦が浅いので、これまで嵐を支え続けてこられたファンの皆様にはお恥ずかしい限りですが、これまでの10年を取り戻すべく、只今嵐の歴史を猛勉強中であります!


以上、長々とかなり細かく振り返ってみました。
ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございます!


2010年9月23日追記&修正
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。